主婦でも後遺障害の賠償は受けられるの?

交通事故により後遺障害が残ってしまうと、様々な項目から判定された賠償金額が算出されます。
なかでも大きなウエイトを占めるのが、逸失利益についてです。
逸失利益とは交通事故で生じた後遺障害によって、本来得られるべき利益が得られなくなったと仮定して、両者を比較した差額で示されます。

一般的には身体的なハンデが仕事に悪影響を及ぼして収入が目減りしてしまったり、期待通りの利益が望めなくなったケースを逸失利益として算出することになります。

しかし、主婦の場合は仕事による収入がなく、保険会社によっては逸失利益を極めて低く見積もる場合が少なくありません。
そこで、主婦でも適正な逸失利益を賠償金に含めるために、弁護士へ相談してみてください。
専門家である弁護士は主婦に認められる逸失利益を算出したうえで、保険会社との示談交渉に臨んでくれます。

専業主婦でも後遺障害による賠償金に逸失利益は認められますので、不明な点があれば弁護士へ相談してみましょう。

シェアする